1月28日(日)茨木市庄栄コミュニティセンター

はじめての海外ひとり旅『台湾鉄道旅行を語る会』

乗りテツねっとの溝口光徳です。

外国語オンチの私が、46歳ではじめての海外ひとり旅をしました。

行き先は台湾。

目的は台湾の鉄道を可能な限り乗り尽くすことです。

そしてその目的は意外とあっさり達成しました。

昨年(2017年)の11月28日から12月1日までの4日間で、台湾の国鉄である台湾鉄路管理局(台鉄)と台湾版新幹線の台湾高速鉄道(高鐵)の全線に乗車したのです。

(ただし、台風被害で不通となっている阿里山森林鉄道だけは乗っていません。)

その体験を詳しくお話ししたいと思いまして、『台湾鉄道旅行を語る会』を開催いたします。

日本の鉄道ファンが気に入ること間違いなしの台湾鉄道の魅力と台湾鉄道旅行術について、写真と動画を交えて解説します。

 

台湾をおすすめする理由

関西空港から台湾の桃園国際空港へは、ピーチをはじめ、複数の格安航空(LCC)が就航しています。

バーゲンを狙えば片道数千円で渡航でき、国内感覚で旅行できるようになりました。


またご存知のように、台湾はとても親日的で、都市環境も日本に近いので馴染みやすいという利点があります。

とはいっても、もちろん外国。

日本とは違った文化や食を楽しむことができるのは言うまでもありません。


排骨(パイコー)がドンと載った台湾の駅弁

こってりだけど何度も食べたくなるウマさ!

 

鉄道ファンじゃなくても楽しい台湾鉄道

台湾は九州と同じくらいの広さで、鉄道だけで台湾島をぐるっと一周することができます。

少し無理すれば、たった一日で台湾一周することも可能!

なので、列車に乗りながらお手軽に台湾全土の風景を楽しめます。


南廻線の車窓から見えた太平洋

台湾の鉄道は日本統治時代に基礎が出来上がっているためか、日本の国鉄時代を感じる懐かしい雰囲気があります。

近年は新型車両の導入が進んでいますが、一部では旧型の客車列車が健在です。

日本の鉄道ファンにも注目されている南廻線の普快車(普通列車)は、オンボロと言って差し支えない古い客車。

窓だけでなく出入口のドアも開きっぱなしで走行しています。日本ではありえない!


最後尾は棒一本の柵があるだけの吹きっさらし状態

しかし、このような旧型客車もそろそろなくなるのではないかと噂されています。

乗るなら今のうちですよ!

台湾の鉄道をあなたも体験してみませんか?


 

やっぱり気になる言語の問題

台湾へ行ってみたいけれど、一番の気掛かりは言語の問題ではないでしょうか。

しかし、それも心配には及びません。


「溝口さん、台湾は何度か行ったことあるんですか?」

いいえ、はじめてです。

「じゃあ、海外旅行によく行ってるんでしょう?」

10年以上前に新婚旅行で1回行ったきりです。

「英語とか台湾語が話せるんですか?」

まったく話せません!

外国語能力ゼロの私が46歳ではじめて、海外ひとり旅、海外乗りテツに挑戦したのですが、大きな波乱なく台湾を堪能してきました。

言語能力よりも少しの勇気と知識があればなんとかなるということを、身をもって体験してきました。

どんなことがあったのか、語る会の中で詳しくお話しします。


 

はじめての海外ひとり旅『台湾鉄道旅行を語る会』開催概要


集集線の終点・車テイ駅にて

 

開催日時

2018年1月28日(日)14時30分~16時00分

受付開始:14時15分

終了後、希望者による旅行相談会を行います(16時30分まで)

 

会場

大阪府茨木市 庄栄コミュニティセンター 2階和室1

(阪急京都線・総持寺駅から約300m)



 

語る人

溝口光徳(乗りテツねっと)




 

語る会の内容(予定)

台湾の鉄道の魅力

日本の鉄道ファンがハマる台湾鉄道の魅力を解説します。

 

写真と動画でバーチャルツアー

台湾でたっぷり撮ってきた写真と動画をお見せしながら、台湾鉄道旅行を疑似体験していただきます。

 

台湾鉄道の疑問に答えます

列車の指定券はどうやって買うの?
乗り放題きっぷはあるの?
運行ダイヤは正確なの?

などの疑問を、初心者にわかりやすくお教えします。

 

台湾鉄道テッパンガイド

台湾へ行ったら絶対乗ってほしい路線、列車を解説します。

 

質問コーナー

皆さまからの質問にお答えします。

※ 予告なく内容を変更する場合があります。

 

旅行相談会(希望者のみ)

本編終了後、希望者による旅行相談会を行います。旅行プランや旅行準備について自由にご相談ください。

 

参加費

1,000円

参加費は当日受付でお支払いください。

 

こんな方におすすめします

これから台湾へ行ってみたい方
台湾に行ったことがあるけれど鉄道旅行は未体験の方
台湾の鉄道に興味がある鉄道ファンの方
台湾ひとり旅に興味があるシニアの方
台湾の鉄道について一緒に語りたい方

台湾に行き慣れている方にはご存知の内容ばかりかもしれませんが、とにかく台湾が好きという方もよかったらご参加ください。

 

参加申込み



彰化機務段(扇形車庫)


主催者情報


乗りテツねっと代表 溝口光徳

青春18きっぷと大回り乗車をこよなく愛する「乗り鉄」。2004年にJR全線完全乗車を達成した。

ブログ「JR大回り乗車ガイド」を開設し、「JR大回り乗車ガイドブック」の提供やメールマガジンの配信、大回り乗車体験会の開催などで、大回り乗車の”布教”に力を入れている。

2016年から阿倍野区のキャンパス桃ヶ池町で「鉄道模型で遊ぼう会」を毎月開催。鉄道模型を通じて鉄道ファンや電車好きな子どもたちのコミュニティつくりに取り組んでいる。

2017年に念願だったクルーズトレイン、トワイライトエクスプレス瑞風への乗車を果たした。

同年、初の海外乗りテツで台湾のほとんどの鉄道路線を完乗した。

保有資格:総合旅行業務取扱管理者