1. TOP
  2. 《2017年秋》人気のSL北びわこ号に格安で乗れる大回り乗車のワザを紹介します!

《2017年秋》人気のSL北びわこ号に格安で乗れる大回り乗車のワザを紹介します!

 2017/09/27 モデルコース
この記事は約 8 分で読めます。 1,600 Views
SL北びわこ号・C56

北陸本線・米原駅から木ノ本駅のあいだを走る「SL北びわこ号」は、1995年の登場から20年以上にわたって運行されており、湖北の名物として定着しています。京阪神や名古屋からもアクセスしやすいので、SL初体験の子どもたちやSL全盛期を知っているシニア世代におすすめしたい列車です。そのSL北びわこ号に大回り乗車を使って格安で乗る方法を紹介します。

SL北びわこ号ってどんな列車?

まずは、SL北びわこ号がどんな列車なのかを写真でご紹介します。

筆者は大阪から大回り乗車で米原までやって来て、木ノ本、近江塩津、大津京の順に琵琶湖を一周するルートをたどりました(後述の短い大回りコース)。

始発駅の米原駅ホームは発車前から大にぎわい

汽車のアイコンがかわいい乗車位置の吊り看板。

C56形蒸気機関車が12系客車を牽引してホームに登場。

SLのまわりは撮影する人だかりが途切れることがありません。

いよいよ発車

車内は家族連れの姿が目立ちます。

窓を開いて伊吹山を眺めることができるのは、今ではこの列車だけ。

窓の外をたなびく排煙。煤のにおいが郷愁をそそります。

線路際には至る所に撮り鉄の姿が。

蒸気機関車と同じくらい貴重な客車

青いボディーに白のラインの国鉄型客車は残りわずかに。

レトロなしつらえの洗面台。

ステップがある出入口。

思わず目を引くナンバー(笑)

木ノ本駅に到着

終着の木ノ本駅に到着。約40分の乗車時間はあっという間でした。

木ノ本駅では十分な撮影タイムが設けられています。

到着後30分くらいは記念撮影の人混みが途絶えることがありませんが、そのあとがチャンスです。

米原方からやってきた電気機関車が連結されて、来た道を帰っていきました。

そして私は、このあとやって来た新快速で近江塩津へ向かいました。

 

SL北びわこ号の運行情報

運転日

2017年秋季の運転日は以下の通りです。

10月8日・15日・29日、11月5日(すべて日曜日)

走行区間

北陸本線・米原~木ノ本駅間(22.4キロメートル)

運転時刻

2017年の運転時刻は以下の通りです。

SL北びわこ1号

米原駅(10時9分)発、木ノ本駅(10時52分)着

乗車時間43分

SL北びわこ3号

米原駅(13時16分)発、木ノ本駅(14時00分)着

乗車時間44分

乗車できるのは米原から木ノ本方向の一方通行のみで、木ノ本から米原へは回送列車となります。

使用される車両

蒸気機関車

C56形160号機(ポニーの愛称で知られています)

客車

12系客車5両、定員424名 (全席指定席)

SL北びわこ号の編成表

←木ノ本 | 米原→

蒸気機関車は木ノ本側に連結されます。

SL北びわこ号の座席表

←木ノ本 | 米原→

 

SL北びわこ号に乗るには

SL北びわこ号は全席指定席のため、乗車券と指定席券が必要です。

乗車券は当日購入すればよいので、まずは指定席券を予約・購入しましょう。

指定席券は車内で買うことができませんので、ご注意ください。

SL北びわこ号の指定席券の予約方法

SL北びわこ号は人気列車のため、発売開始早々に売り切れる場合があります。

確実に乗りたければ、乗車日の1カ月以上前に計画を立てて、SL北びわこ1号と3号のどちらに乗るのかと乗車人数を確定しておきましょう。

指定席券の発売日

乗車日の1カ月前の午前10時から発売されます。

乗車日が10月8日の場合は、9月8日午前10時発売開始となります。

指定席券の料金

  • 大人  520円
  • 子ども 260円(6歳以上12歳未満)

6歳未満の幼児は、大人1名につき2名まで無料ですが、幼児が一人で座席を使用する場合は子ども料金の乗車券と指定席券の両方が必要です。

指定席券の予約方法

駅や旅行会社の窓口で予約する方法と、インターネット予約(JR西日本のe5489など)があります。

窓口に並ぶことなく、どこからでも予約ができるインターネット予約がおすすめです。

JR西日本インターネット予約サービス・e5489の画面例

 

SL北びわこ号に大回り乗車で乗る場合のきっぷの買い方

指定席券を予約できたらあとは乗車券だけですが、買い方によって運賃に大きな差が出ます。

運賃をパターンごとに試算してみました。

大阪から木ノ本まで単純に往復乗車した場合の正規運賃

大阪駅から米原経由で木ノ本まで往復する場合

その運賃は大人片道2,270円、往復4,540円もかかります。

親子4人(パパ、ママ、小学生の子ども2人)で計算すると、13,620円にもなり、気軽に行ける金額ではなくなります。

ここで「大回り乗車」の出番です!

山科より西側(京都、大阪、神戸方面)の大阪近郊区間からSL北びわこ号を乗りに行く場合の大回り乗車のテクニックをお教えします。

大阪→米原→木ノ本→大津京の短い大回りコースの場合の運賃

大阪駅から米原、木ノ本、近江塩津、近江舞子経由で湖西線の大津京へ行く大回り乗車のコースを利用する場合

その運賃は大人片道970円。大津京から大阪への復路とあわせて1,940円で済みます。

親子4人(パパ、ママ、小学生の子ども2人)で計算すると5,820円で、正規運賃の56%オフ! 7,800円の節約になります。

「分割きっぷ」ならさらにおトクに

もう一つ小ワザをつかうなら、大阪~大津京の乗車券を大阪~京都と京都~大津京に分割して買うと安くなります。

大阪~京都は大人片道560円、京都~大津京は240円なので合計800円となり、170円も節約できます。

通しで買うより分割する方が安くなるなんておかしい気がしますが、間違いではありません。

回数券昼間特割きっぷを使えばさらにおトクです。

大阪→奈良→柘植→草津→米原→木ノ本→近江塩津→新大阪の長い大回りコースの場合の運賃

大阪駅から奈良、柘植、草津、米原、木ノ本、近江塩津、近江舞子経由で新大阪へ周回する大回り乗車のコースを利用すると、その運賃は大人片道160円。新大阪から大阪への復路とあわせて320円で済みます。

親子4人(パパ、ママ、小学生の子ども2人)で計算するとたったの960円で、正規運賃の93%オフ! 12,660円の節約になります。

運賃比較表

上記の大阪駅起点の運賃比較を一覧表にまとめてみました。

大人1名 親子4名 正規運賃対比
正規運賃 4,540円 13,620円
短い大回り 1,940円 5,820円 56%OFF
長い大回り 320円 960円 93%OFF

お金の面だけでいえば「長い大回り」を選ぶのが最も効果的ですが、小さい子どもが同行する場合など、長時間の移動に耐えられない場合は「短い大回り」を選ぶのもよいでしょう。

途中下車したいなら「秋の関西1デイパス」

大回り乗車の場合は途中下車することができないため、木ノ本駅などで駅の外を観光することができません。

途中下車を楽しみたい場合はJR西日本が発売している乗り放題きっぷ「秋の関西1デイパス(大人3,600円、子ども1,800円)」をおすすめします。

2017年秋の利用期間は9月7日から12月10日までです。

まとめ

SL北びわこ号が走る米原~木ノ本へ京阪神から列車で行こうとすると、運賃が高額になってしまいますが、大回り乗車を使うことで運賃を大幅に節約することができます。蒸気機関車だけでなく、今や貴重となった国鉄型客車に乗れるのも鉄道好きにはうれしいポイント。子どもも大人も楽しめるSL列車の旅へ、大回り乗車で出かけてみませんか?

 

プラレール S-38 C56 160号機SL北びわこ号

外観の特長をうまく捉えているプラレール C56 160号機 SL北びわこ号

スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

JR大回り乗車ガイド|超格安の旅を徹底解説!の注目記事を受け取ろう

SL北びわこ号・C56

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

JR大回り乗車ガイド|超格安の旅を徹底解説!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
JR大回り乗車がよくわかるガイドブックをプレゼント
最安120円で日帰り鉄道旅行を楽しむ方法がよくわかる「JR大回り乗車ガイドブック」を無料でもらえます!


詳しい内容を見る

ライター紹介 ライター一覧

溝口光徳

溝口光徳

2004年にJR全線完全乗車を達成した「乗り鉄」でありながら、大回り乗車をはじめたのは2012年のこと。理由は「大回り乗車のことをよくわかっていなかった」。大回り乗車初体験で「こんなに楽しいならもっと早くしておけばよかった!」と後悔。大回り乗車を知らない多くの人にその素晴らしさを知ってもらいたくて、ブログ「JR大回り乗車ガイド」を開設。「JR大回り乗車ガイドブック」の提供やメールマガジンの配信、大回り乗車体験会の開催などで、大回り乗車の”布教”に力を入れている。