青春18きっぷオプション券利用で奥津軽いまべつ駅と木古内駅の乗り継ぎがどれくらい大変か調べてみた

青春18きっぷ北海道新幹線オプション券・本体 乗りテツ最前線

北海道新幹線と道南いさりび鉄道開業に伴う救済措置として新たに登場した「青春18きっぷ北海道新幹線オプション券」(以下、オプション券)ですが、奥津軽いまべつ駅と木古内駅での接続が悪すぎて使い物にならないという恨み節がネット上のあちこちで書き込まれています。実際のところどれくらい大変になるのか、対象となるすべての乗り換えパターンを調べてみました。

表のみかた

奥津軽いまべつ駅へのアクセス方法として次の3パターンの時刻表を記載しています(上り・下りとも同様)。

  1. 青森駅から津軽線で津軽二股駅に至るルート
  2. 青森駅から津軽線で終着駅の三厩駅まで行き、津軽二股駅に折り返すルート
  3. 津軽鉄道の津軽五所川原駅から津軽中里駅を経由して弘南バスで奥津軽いまべつ駅に至るルート

木古内駅については、オプション券利用の場合は道南いさりび鉄道の一択となります。

オプション券を利用する場合の下り接続ダイヤ(青森→函館)

画像クリックで拡大します

オプション券を利用する場合の上り接続ダイヤ(函館→青森)

option_nobori

画像クリックで拡大します

結論 やっぱり使いにくい!

奥津軽いまべつ駅については津軽中里駅とのバスルートを選べるのが効いています。3つのパターンから選択できるので、旅の目的に応じて好みのルートをたどる楽しみがあります。

問題は木古内駅。ここの接続の悪さは目に余ります。ほとんどの乗り継ぎで1時間以上の乗換待ちが発生します。道南いさりび鉄道の木古内着18時50分の1分前に新幹線が出てしまうなど、まったく理解しがたいところです。これではオプション券利用者だけでなく、道南いさりび鉄道に乗ってみたいと思っている一般の観光客をも遠ざけてしまうのではないでしょうか。今後のダイヤ改正で改善されることを期待したいですね。

それから、オプション券の有効期間は乗車日当日のみのため、木古内で宿泊することはできません。列車本数の少なさをカバーするためと、道南の観光振興のために木古内での宿泊を認める特例があればいいのに、と個人的には思いました。

コメント

  1. hasi より:

    函館19:40のルートは、オプション券は使用出来ると思うのですが。
    ただ奥津軽今別(=津軽二股)から青森方面、三厩方面には行けませんがオプション券は1日で完結しています。

    • mizochi より:

      ご指摘ありがとうございます。「オプション券利用不可」の表現は間違いでしたので「当日中の接続なし」に訂正します。
      ※2016/4/17 「オプション券を利用する場合の上り接続ダイヤ(函館→青森)」の画像を更新しました。

  2. mizochi より:

    hasiさんからのご指摘でもう一つ訂正しました。
    オプション券を北海道新幹線・奥津軽いまべつ~木古内だけ使用し、道南いさりび鉄道を利用せずに放棄しても問題はない(JR東日本に問い合わせて確認済みとのこと)。よって、木古内まで新幹線を利用して、道南いさりび鉄道の列車の乗り継げなかったとしてもオプション券の利用自体は成立するため、青森18時12分発のスジを「オプション券利用不可」とする記載は間違いでした。
    ※2016/4/21 「オプション券を利用する場合の下り接続ダイヤ(青森→函館)」の画像を更新しました。

    • hasi より:

      早速の修正 お手数おかけしました。JR北海道への問い合わせはいつも回答が来ません。体質なんでしょう。致し方なくJR東日本へ問い合わせました。意外な回答でした。現時点では下りにしか使用出来ませんが。上りの場合は通常購入した方が安いですね。

タイトルとURLをコピーしました