1. TOP
  2. 観光列車『A列車で行こう』で大人気!デコポン風味のAハイボールを自宅でつくろう

観光列車『A列車で行こう』で大人気!デコポン風味のAハイボールを自宅でつくろう

 2017/06/14 乗りテツ最前線
この記事は約 5 分で読めます。 502 Views
Aハイボール

熊本駅と天草観光の玄関口・三角駅のあいだを走る観光列車『A列車で行こう』。ジャズが流れる車内にはバーカウンターがあり、デコポンのフレーバーがさわやかな「Aハイボール」が人気です。このAハイボールを自宅でつくってみませんか? 飲みたいときに好きなだけ楽しめるだけでなく、自分好みの味にアレンジすることだってできますよ。名曲「Take the A Train」を聴きながら、一杯いかがです?

スポンサーリンク

AハイボールのレシピをJR九州に聞いてみた

レシピったって、ハイボールにデコポンを入れて混ぜるだけでしょ、といえばそれまでですが

  • ウイスキーの銘柄は何か
  • デコポンのフレーバーは何を使っているのか

がわからないと、Aハイボールの味を再現できません。

私の知り合いにそういうことにこだわる人がいて、JR九州に問い合わせたそうです。

▼JR九州からの回答はこちら▼

A列車で行こうの車内で販売しております「Aハイボール」には、 「サントリー 角ウイスキー」を使用した「角ハイボール」と福田農場のデコポンシロップを使用しております。 ご参考になれば幸いでございます。

さすが丁寧な対応ですね。とても参考になります。

ということで材料がわかりましたが、福田農場のデコポンシロップとはどういうものでしょうか。

デコポンシロップをつくっている福田農場とは

不知火海を望む湯の児にある福田農場

私は以前、家族旅行で訪れたことがあるので、福田農場と聞いてすぐにわかりました。

福田農場は、熊本県水俣市湯の児(ゆのこ)の山の上にあります。

山の上にある理由は、不知火海に面した太陽がよく当たる斜面で柑橘類を栽培しているからです。なので、海の眺めも素晴らしいところでした。

観光施設・湯の児スペイン村

農場に併設して「湯の児スペイン村」という観光施設があり、レストランでは農場で採れた食材や不知火海の海の幸を使ったパエリアをいただくことができます。

お土産物として、ジュース、ジャム、マーマレード、ドレッシングなどのオリジナル商品を販売しています。このなかにデコポンシロップもあったのですね。

福田農場の交通アクセス

もし公共交通機関で福田農場へ行くのであれば、水俣駅、新水俣駅が最寄りですが、バスが通じていないのでタクシーを使うことになります。

福田農場のことがわかったところで、Aハイボールの材料をそろえましょう。

Aハイボールの材料

サントリー角ウイスキー

サントリー ウイスキー 角瓶 700ml

炭酸水

アサヒ ウィルキンソン タンサン 500ml

 

炭酸水はよく冷やしておきましょう。

または、缶入り角ハイボール

ウイスキーはあまり飲まないという方や、お試しでつくりたいという方は、缶入りの角ハイボールで十分です。

サントリー 角ハイボール 350ml×24缶

福田農場のデコポンシロップ

取り扱い店が限られているので、ネットで取り寄せるのが確実です。

▼Yahoo!ショッピングで買うならこちら▼

福田農場 九州果実シロップ デコポン 3倍希釈 500ml

▼楽天市場で買うならこちら▼

福田農場ワイナリー デコポンシロップ 500ml

▼amazonで買うならこちら▼

福田農場 デコポンシロップ 500ml

氷(ロックアイス)

冷凍庫の氷でもいいですが、ロックアイスがあればよりおいしくいただけます。

Aハイボールのおいしいつくり方(レシピ)

  1. グラスいっぱいに氷を入れます

  2. デコポンシロップを15~20cc注ぎます

  3. サントリー角ウイスキーを30cc注ぎます

  4. 炭酸水を30cc注ぎます

  5. マドラーなどで軽く混ぜたらできあがり!

果実感を増したいときはデコポンシロップを多めに。

アルコールが弱い方は、ウイスキーを減らして氷や炭酸水の量を多めにしてみてください。

デコポン酎ハイやノンアルコールカクテルにも応用できます

お好みで、ウイスキーを焼酎に替えてデコポン酎ハイにしてもおいしいです。

アルコールは苦手という方はお酒を入れずに、デコポンシロップを炭酸水やトニックウォーターで割って、ノンアルコールカクテルとして味わうこともできます。

ホームパーティなどで、お酒好きもそうでない方も一緒に楽しめるのがいいですね。

デコポン以外のフレーバーも試してみて

柑橘系のテイストがお好きなら、デコポン以外にも、日向夏、カボス、温州みかん、タンカン、ボンタンなどの天然果汁シロップが発売されています。

いろいろ試してみたら、より自分好みの味が見つかるかもしれませんね。

出典:福田農場

観光列車『A列車で行こう』とは

観光列車『A列車で行こう』の詳しい情報は下記のページをご覧ください。

熊本へ行くならJR九州の観光列車『A列車で行こう』をおすすめする8つの理由

スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

終着駅のない旅の注目記事を受け取ろう

Aハイボール

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

終着駅のない旅の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
スポンサーリンク

ライター紹介 ライター一覧

溝口光徳

溝口光徳

1971年1月生まれ、大阪府在住の鉄ちゃんです。少ない休日に一つでも多くの鉄道路線に乗る方法として、いわゆる盲腸線(行き止まりの路線)の終点からバスや船を利用して他の路線につなぐ「抜け道探し」に夢中になり、いつしか「抜け道探し」とその踏破が旅の主目的に。
1999年にウェブサイト『終着駅のない旅』を開設。2004年にJR全線完全乗車達成。現在はJR以外の鉄道全線完乗を目指して活動中。2016年からJR全線乗りつぶし・2周目を開始。