橋下氏圧勝でどうなる?梅田北ヤード再開発

維新の会圧勝のニュースで持ち切りですね。

今朝の日経新聞(近畿版)
「うめきた」府の主導で
「大阪維新の会は貨物駅の残る2期地区を1期地区のようなビル用地ではなく、大部分を森、緑にするマニフェストを打ち出した。ビル一筋できた市から府に担当が変わることで緑化は進みそうだ。」

現在、大阪駅北側では巨大なビル4棟の建設が進行中だ。「グランフロント大阪」と呼ばれる大規模プロジェクトで梅田北ヤード再開発の第一期開発となっている。

私個人の感想は、「実につまらない再開発」。せっかくの広大な一等地に、相変わらずビルを建てるだけなんて。大阪らしさがちっとも感じられない冒険を避けた計画。東京の丸の内みたいにしたいだけではないか。

緑が少ないといわれる大阪の超一等地に森が出現したら、それこそ度肝を抜いたに違いない。もちろん森だけでは儲らないから屋上緑化を組み合わせたり地下空間を活用するなどして新しい都市の姿を示すのも面白い試みではなかろうか。

どういう姿になるにしても、ここに新駅ができてなにわ筋線とおおさか東線が乗り入れるのは間違いなさそうだ。2期のプランが楽しみである。

コメント

タイトルとURLをコピーしました