1. TOP
  2. 岡山県日生(ひなせ)で人気沸騰のB級グルメ「カキオコ」を食べに行ったよ

岡山県日生(ひなせ)で人気沸騰のB級グルメ「カキオコ」を食べに行ったよ

 2009/01/17 乗り尽くし紀行
この記事は約 2 分で読めます。 527 Views

”カキオコ”ってご存じですか?

”牡蠣のお好み焼き”→”かきのおこのみ”→略して”カキオコ”

岡山県備前市日生(ひなせ)が”カキオコ”発祥の地として今売り出し中です。そんな噂に誘われて美味いものに目がないメンバー5人で、青春18きっぷを使って赤穂線・日生駅へと向かいました。日生は駅の目の前に港があって、赤穂線に乗るたび「降りてみたいな~」と思っていたのですが、意図せずその望みがかないました。

日生駅そばにある観光案内所でカキオコマップをもらって日生の町を散策。何軒かあるカキオコのお店の中から、雑誌に紹介されていた「きまぐれ」というお店に入った。日生駅から歩くと一番遠くにあるお店で、狭い路地に入ったところに入り口があるので少しわかりにくかったですが、地元の方に尋ねたら親切に案内してくれました。

店に入ると、5つしかない席はすでに埋まっていました。他のお店は店の外にまで並んでいる人がいたので行列を覚悟していたのですが、意外にもすぐに席に着くことができました。お店の方いわく、駅から離れているのでここまで来る人が少ないようです。

鉄板の上でカキオコ作りが始まりました。

キャベツの山の上に牡蠣を惜しげもなく並べます。12~3粒くらい乗っているでしょうか。しかも粒が実に大きい!見ているだけで幸せな気分になります。いや本当に!大げさではなくって。実際に食べればその幸福感は最高潮に達します。

食べる前は、お好みに牡蠣ってどうよ?牡蠣のうまみがソースの味に沈んでしまうんじゃない??と半信半疑でしたが……いえいえ、そんなことはありませんでした。お互いの味が絡み合っていい味出してました。食べても食べても大粒の牡蠣が現れるのは嬉しい限りでした。それでいて値段は900円。内容を考えれば十分安いと思います。

機会があればぜひ足を運ばれることをオススメします!

カキお好み焼きHP
http://www.geocities.jp/kakiokonomi/kakiokonomi_1.html

\ SNSでシェアしよう! /

終着駅のない旅の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

終着駅のない旅の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
スポンサーリンク

ライター紹介 ライター一覧

溝口光徳

溝口光徳

1971年1月生まれ、大阪府在住の鉄ちゃんです。少ない休日に一つでも多くの鉄道路線に乗る方法として、いわゆる盲腸線(行き止まりの路線)の終点からバスや船を利用して他の路線につなぐ「抜け道探し」に夢中になり、いつしか「抜け道探し」とその踏破が旅の主目的に。
1999年にウェブサイト『終着駅のない旅』を開設。2004年にJR全線完全乗車達成。現在はJR以外の鉄道全線完乗を目指して活動中。2016年からJR全線乗りつぶし・2周目を開始。