鉄道文学の巨匠作!のローカルバス紀行

久しぶりに書店の鉄道本コーナーに立ち寄った。

「ローカルバスの終点へ」
鉄道ではないけれどタイトルに惹かれて手に取った。著者は「時刻表2万キロ」の宮脇俊三! これは買うしかないな(笑)

【送料無料】ローカルバスの終点へ

【送料無料】ローカルバスの終点へ

価格:882円(税込、送料別)

1987年1月から2年間、日本交通公社出版の雑誌『旅』に連載されたものだそうです。およそ四半世紀後の2011年に読んでみても、「きっと今もここに書いてあるような風景が残っているだろうな」と思わせる山奥・僻地を訪ねている。2万5千分の1地図を広げて地形や景色を思い描いて乗車する路線を決めるという選別眼もお見事です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました