1. TOP
  2. 落語で「鉄」の世界

落語で「鉄」の世界

 2011/11/27 乗りテツ最前線
この記事は約 1 分で読めます。 474 Views

夕刊の一隅にあった伝統芸能ガイド記事より

2011年12月4日(日)
天満天神繁盛亭にて 「鉄」の世界 梅団治・しん吉二人会
鉄道新作落語の披露もする。2500円。

鉄道ブームが落語の世界にまで!?と思ったら、両氏は熱心な「鉄」落語家として有名らしい。過去にも同様の会を開催されているそうなので、知らなかった私が遅れてるようです。

鉄道落語で今年の鬱憤を笑いとばしてはいかが?

スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

終着駅のない旅の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

終着駅のない旅の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
スポンサーリンク

ライター紹介 ライター一覧

溝口光徳

溝口光徳

1971年1月生まれ、大阪府在住の鉄ちゃんです。少ない休日に一つでも多くの鉄道路線に乗る方法として、いわゆる盲腸線(行き止まりの路線)の終点からバスや船を利用して他の路線につなぐ「抜け道探し」に夢中になり、いつしか「抜け道探し」とその踏破が旅の主目的に。
1999年にウェブサイト『終着駅のない旅』を開設。2004年にJR全線完全乗車達成。現在はJR以外の鉄道全線完乗を目指して活動中。2016年からJR全線乗りつぶし・2周目を開始。