1. TOP
  2. 新幹線・せんだい駅

新幹線・せんだい駅

 2012/01/17 乗りテツ最前線
この記事は約 1 分で読めます。 493 Views

地理好きなら「何をいまさら」という話。

宮城県仙台市と鹿児島県川内市。どちらも「せんだい」と読みます。

まったく意識してなかったけど、新幹線には2つの「せんだい駅」があるんですね。もちろん知ってましたが、漢字でイメージしていると案外見落としがちです。いたずら心で「仙台から川内まで」の切符を注文して窓口氏の反応をみてみたい気もする。ちなみに料金は乗車券+新幹線特急券で35,460円です。

先日、「鹿児島に住む私の父が日帰りでせんだいへ行った。」という話を嫁さんのお母さんが聞いて驚いていた。一般の人には馴染みのないネタなのかと思ったので取り上げてみました。

スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

終着駅のない旅の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

終着駅のない旅の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
スポンサーリンク

ライター紹介 ライター一覧

溝口光徳

溝口光徳

1971年1月生まれ、大阪府在住の鉄ちゃんです。少ない休日に一つでも多くの鉄道路線に乗る方法として、いわゆる盲腸線(行き止まりの路線)の終点からバスや船を利用して他の路線につなぐ「抜け道探し」に夢中になり、いつしか「抜け道探し」とその踏破が旅の主目的に。
1999年にウェブサイト『終着駅のない旅』を開設。2004年にJR全線完全乗車達成。現在はJR以外の鉄道全線完乗を目指して活動中。2016年からJR全線乗りつぶし・2周目を開始。