1. TOP
  2. 雑誌・大阪人「鉄道王国大阪」

雑誌・大阪人「鉄道王国大阪」

 2011/11/27 旅の参考書
この記事は約 1 分で読めます。 659 Views

「大阪人」という雑誌を初めて買った。「鉄道王国大阪」という特集に魅かれたのだが、関西私鉄とJRの現況については鉄道ファンにはおなじみの内容。大阪市電に関する記事は貴重な写真も多くて興味深かった。内容うんぬんよりも、地元誌らしい味わいというか、地元愛がにじみ出ているのがよかった。

大阪は東京に次ぐ大都市、というよりも、今では一地方都市といったほうが実態に近い気がする。コテコテの関西芸人たちも活動の中心は東京だし。今日は大阪の府知事と市長のW選挙投票日。大阪人はどんな審判を下すのか?

スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

終着駅のない旅の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

終着駅のない旅の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
スポンサーリンク

ライター紹介 ライター一覧

溝口光徳

溝口光徳

1971年1月生まれ、大阪府在住の鉄ちゃんです。少ない休日に一つでも多くの鉄道路線に乗る方法として、いわゆる盲腸線(行き止まりの路線)の終点からバスや船を利用して他の路線につなぐ「抜け道探し」に夢中になり、いつしか「抜け道探し」とその踏破が旅の主目的に。
1999年にウェブサイト『終着駅のない旅』を開設。2004年にJR全線完全乗車達成。現在はJR以外の鉄道全線完乗を目指して活動中。2016年からJR全線乗りつぶし・2周目を開始。