1. TOP
  2. 宇佐神宮にモノレール設置、でも一般利用はNG

宇佐神宮にモノレール設置、でも一般利用はNG

 2012/07/01 乗りテツ最前線
この記事は約 2 分で読めます。 866 Views

大分合同新聞の記事:「上宮本殿の階段にモノレール 宇佐神宮」
http://www.oita-press.co.jp/localNews/2011_131638935325.html

上宮本殿へ上がるには急な階段を昇り降りしなければならず、お年寄りや体の不自由な方から改善を求められていたという。その答えとして、全長約90mの6人乗りモノレールを設置することになった。早ければ来年の敬老の日の頃に完成見込み。

宇佐神宮のモノレールは原則としてお年寄りや体の不自由な方のみに乗っていただく方針で、一般利用は控えてもらうとのこと。ということは、80歳くらいになってから行けば乗せてもらえるかな…って、それじゃあ40年後じゃん!! 長生きする目標ができていいかもね(笑)

神社仏閣の中にある乗り物といえば鞍馬寺のケーブルカーを思い出す。こちらは乗車定員31人の立派な車両で誰でも乗れる。運賃は無料だが寄付金として100円を払うというのが斬新な発想だった。蓮華の花びらの形をした乗車票もユニーク。

宇佐神宮モノレールがどのように運行されるのか気になるところである。

スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

終着駅のない旅の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

終着駅のない旅の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
スポンサーリンク

ライター紹介 ライター一覧

溝口光徳

溝口光徳

1971年1月生まれ、大阪府在住の鉄ちゃんです。少ない休日に一つでも多くの鉄道路線に乗る方法として、いわゆる盲腸線(行き止まりの路線)の終点からバスや船を利用して他の路線につなぐ「抜け道探し」に夢中になり、いつしか「抜け道探し」とその踏破が旅の主目的に。
1999年にウェブサイト『終着駅のない旅』を開設。2004年にJR全線完全乗車達成。現在はJR以外の鉄道全線完乗を目指して活動中。2016年からJR全線乗りつぶし・2周目を開始。