元祖・女子鉄?「おんなひとりの鉄道旅」

鉄道ブームの広がりとともに、「女子鉄」とか「鉄道アイドル」という女性の鉄道マニアが注目を集めている。この本の著者=矢野直美さんもその中の一人。本書は小学館のアウトドア誌「BE-PAL」2002年5月号から2005年8月号まで連載された「おんなひとりの鉄道旅」を一冊にまとめて2005年10月に刊行されたもの。ですから今のように「女子鉄」という言葉もないうちから鉄道マニアしてた方ということですね。

【送料無料】おんなひとりの鉄道旅

【送料無料】おんなひとりの鉄道旅
価格:1,575円(税込、送料別)

北は宗谷本線から、南はゆいレールまで。全国くまなく40路線を収録。

女性らしい口語体の文章で、あっけらかんと明るい。あ、決して悪い意味ではありません。会話が多くて読みやすく、読んでいて楽しくなります。乗り合わせた地元の女子生徒に気軽に話しかけられるのは女性同士だから為せるワザ。見知らぬ男(たとえば私)が話しかけたら気味悪がられて通報されるかも。

男性の鉄道作家は豊富な情報を論理的に書くのは得意だけれど、情緒的・感情的な表現は女性の方が優れている。今まで女性が書く鉄道紀行は少なかったこともあり、女子目線の鉄道風景や旅先での出会いの描写は新鮮に映る。これから女性の鉄道ライターが続々現れてくれると楽しいですね。

フォトライターのお仕事だけに、挿入されている写真が豊富でパラパラ眺めるだけでも目の保養になります。在りし日の高千穂鉄道の姿も懐かしい。本編の他に、ミニコラムとして自分撮りのコツや、おんな一人旅の苦労話や旅の知恵も披露されているので、女子鉄のみなさん、参考にされてはいかがでしょう?

★矢野直美さんのブログ・なおちゃん@放し飼い
http://yano.oline.jp/

お手頃な文庫版も刊行されています。西日本編と東日本編の2分冊になっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました