東武鉄道の大回り乗車で気を付けるべきルールとは[動画解説あり]

東武鉄道の太田~東小泉~館林~足利市の環状区間では、JRとは少し違うルールで、限定的な大回り乗車をすることができます。東武独自のルールを解説しました。

目次

東武で大回り乗車ができる環状区間

太田~館林のあいだにある環状区間で、限定的な大回り乗車ができます。

伊勢崎線(館林~足利市~太田)と小泉線( 館林~東小泉~西小泉~太田 )に囲まれた環状区間です。

東武鉄道における大回り乗車のルール

原則として、重複しない一筆書きの経路で大回り乗車ができます。

環状経路上の駅で、改札を入場または出場または両方を行う場合に限り、最短経路の運賃で精算されます。

環状経路を通過するだけの場合は、実際の乗車経路に応じた運賃で精算となります。

JRルールと違うことにご注意ください。

東武鉄道の旅客営業規則(特定区間発着の場合のう回乗車)

(旅客運賃・料金計算上の経路等)
第67条 旅客運賃・料金は、旅客の実際に乗車する経路および発着の順序によって計算する。

(特定区間発着の場合のう回乗車)
第159条 次に掲げる図の太線区間内にある駅発または着の普通乗車券を所持する旅客は、その乗車券の券面に表示された経路にかかわらず、う回して乗車することができる。ただし、う回乗車区間内では、途中下車をすることはできない。
2 前項に掲げる図の太線区間内にある駅発または着の普通乗車券を所持する旅客が、前項の規定により、う回乗車した場合において、そのう回中の途中駅に下車したときは、区間変更として取扱う。

「東武鉄道 旅客営業規則」から引用

この条文を根拠として、東武鉄道の環状区間において、限定的な大回り乗車ができると判断します。

東武鉄道の旅客営業規則(特定区間における区間外乗車の取扱い)

東武鉄道の大回り乗車を調べていたら、興味深い条文を見つけたので紹介しておきます。

この条文を素直に解釈すれば、「篠塚→竜舞(170円)」のきっぷを持っている旅客は、「篠塚→東小泉→西小泉→東小泉→竜舞」の経路を乗車しても追加運賃が発生しない、ということです。

それならばと、ヤフー路線情報で運賃検索してみたら…

あれっ!? 西小泉で分割して運賃計算されてる。

話が違うじゃないの~。

謎が残ってしまいました。

東武の特急列車に大回り乗車で乗れるか

東武伊勢崎線を走る特急りょうもうに大回り乗車で乗れるでしょうか?

答えは、特急券を購入すれば乗れます。

例えば、太田駅の1駅となりの竜舞(りゅうまい)駅へ大回り乗車する途中で、特急りょうもうに乗ると料金はいくらになると思いますか?

東武大回り乗車のモデルコース例

答えは、運賃170円、特急料金520円(太田~館林)、合計690円です。

特急に約20分乗れます!

全行程1時間の小旅行を楽しんでみてはいかがでしょうか。

東武鉄道の車両

各線で活躍する、新旧バラエティ豊かな車両たちに出会えます。

大回り乗車で乗り比べしたり、写真撮影してみてはいかがでしょうか。

東武大回り乗車を動画で解説

東武鉄道の大回り乗車 まとめ

一周1時間ほどの短いコースですが、群馬へお出かけすることがあれば、チャレンジしてみてください。

大回り乗車の教科書を無料進呈中!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次