1. TOP
  2. 2017年 大阪近郊大回り乗車モデルプラン(2)|大阪→新大阪160円で関西本線・草津線と琵琶湖沿線をまわろう!

2017年 大阪近郊大回り乗車モデルプラン(2)|大阪→新大阪160円で関西本線・草津線と琵琶湖沿線をまわろう!

 2015/04/28 モデルコース
この記事は約 3 分で読めます。 27,879 Views

2017年3月4日ダイヤ改正後のおすすめプランをご紹介します。二つ目はローカルな関西本線と琵琶湖をほぼ一周するコースです。

モデルプランの乗車コース

2017年おすすめプラン(2)は、大阪駅を朝9時頃に出発して新大阪駅に夕方16時半までに到着するプランです。一日楽しんで、運賃はたったの160円! 下の図の赤線のコースをたどります。

2015GW-2

モデルプランの乗り継ぎ時刻表

※上記は2017年3月の時刻表をもとに作成しています。

このプランの楽しみ方

大阪駅から大和路快速で終着の加茂駅まで乗車します。加茂駅から先は「電車」ではなくて「汽車」。といっても蒸気機関車ではもちろんなく、一両だけのディーゼルカーでの移動となります。山に囲まれ川沿いを走る、ローカル線らしい眺めを楽しむことができます。

柘植駅で草津線に乗り換え。24分もの待ち時間がありますが、駅に売店はありません。草津線では車内の検札に遭遇するかもしれません。あわてずに済むように、切符と旅のルートを記載した旅程表を準備しておきましょう(→旅程表のひな形はこちら)。

草津からは新快速を乗り継ぎます。食事や売店の利用は米原駅が便利。乗り継ぎ時間にも余裕があるのでちょっと一休みできます。伊吹山や琵琶湖に余呉湖を眺めながら滋賀県最北の駅・近江塩津に到着。湖西線方面の新快速に乗換えます。

omi-shiotsu

近江塩津から新大阪までは2時間の旅。日本一の広さを誇る琵琶湖を遠くに近くに眺めながら、いつしか列車は滋賀県から京都府へ、そして今回の終着駅・新大阪へと到着します。

このほかのモデルプラン

2017年 大阪近郊大回り乗車モデルプラン(1)|大阪→新大阪160円で和歌山線・万葉まほろば線をまわろう!

2017年 大阪近郊大回り乗車モデルプラン(3)|塚口→大阪240円で加古川線・JR東西線・片町線をまわろう!

 

スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

JR大回り乗車ガイド|超格安の旅を徹底解説!の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

JR大回り乗車ガイド|超格安の旅を徹底解説!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
JR大回り乗車がよくわかるガイドブックをプレゼント
最安120円で日帰り鉄道旅行を楽しむ方法がよくわかる「JR大回り乗車ガイドブック」を無料でもらえます!


詳しい内容を見る

ライター紹介 ライター一覧

溝口光徳

溝口光徳

2004年にJR全線完全乗車を達成した「乗り鉄」でありながら、大回り乗車をはじめたのは2012年のこと。理由は「大回り乗車のことをよくわかっていなかった」。大回り乗車初体験で「こんなに楽しいならもっと早くしておけばよかった!」と後悔。大回り乗車を知らない多くの人にその素晴らしさを知ってもらいたくて、ブログ「JR大回り乗車ガイド」を開設。「JR大回り乗車ガイドブック」の提供やメールマガジンの配信、大回り乗車体験会の開催などで、大回り乗車の”布教”に力を入れている。